top of page

臨床につなげるための股関節レントゲンの見方  WA【股関節】



そもそも理学療法士が股関節レントゲンを見る必要があるのか?

という部分ですが、特に新規の患者さんを担当する際に、

どういった症例なのか、あらかじめレントゲンから予測することが可能です

予測できれば、実際に評価するべき部分も明確になってきます

そのため、介入前に股関節レントゲンを見ておく必要はあるかと思います

こんなあなたにオススメ


股関節のレントゲンの見方がわからない

なんとなくレントゲンを見ているだけ

股関節レントゲンと臨床がつながらない

臨床につなげる股関節レントゲンの見方

まず股関節レントゲンを見る際にポイントとなる部分は4つありますので、

その4つだけ把握しておきましょう



  1. 腸骨陵

  2. 骨盤腔

  3. 小転子

  4. 坐骨

股関節レントゲンのポイント①腸骨稜の幅を比較する

股関節レントゲンを見るときに、まずは腸骨稜の長さを左右左で比較しましょう

腸骨陵の左右左からわかることは、骨盤の前方・後方回旋です

腸骨陵の幅が広い方が前方回旋、

幅が狭い方が後方回旋しています

そこから、短縮・伸張させられる筋の予測ができます

股関節レントゲンのポイント②骨盤腔の幅をチェックする

股関節レントゲンのポイント2つ目は、骨盤腔の幅をチェックすることです

骨盤腔の幅をチェックするには、土井口の方法がよく用いられています

骨盤腔が大きく映れば、骨盤は前傾位、

骨盤腔が小さく映れば、骨盤は後傾位、

と捉えることができます

ポイント①でも書いたように、骨盤の前後傾がわかれば、

どの筋が短縮・伸張位なのかわかります

さらに、骨盤の前傾・後傾は腰椎もしくは股関節の肢位によって決定されるため、

骨盤の前傾・後傾が生じているのが、腰椎由来なのか、

股関節由来なのか予測することも可能です






股関節レントゲンのポイント③小転子の大きさを比較する

3つ目のポイントは、左右で小転子の大きさを比較することです

小転子は股関節の内外旋(大腿骨の内外旋)がわかります

股関節が外旋位であれば、小転子は大きく、

股関節が内旋位であれば、小転子は小さく写ります

ただし、気をつけておきたいのが、股関節レントゲンを撮影する際に、

股関節は軽度内旋位で測定している、ということを覚えておきましょう

股関節レントゲンのポイント④坐骨と小転子の位置から脚長を判断

股関節レントゲンのポイント4つ目は、坐骨と小転子の位置から脚長差を判断します

小転子が頭方に位置していれば、その側は脚長が短縮している可能性が考えられます

脚長が短縮する影響には、骨の変形もあれば、骨盤の傾斜も影響してきます

しかし坐骨の位置を左右でそろえていれば、骨盤の影響は最小限に考えることができるのではないでしょうか


閲覧数:218回0件のコメント

最新記事

すべて表示

お盆の休業予定

お盆休みは11日~15日です 16日から通常営業です

Comments


bottom of page